古材(こざい)磨いて再利用

投稿日:2013/06/13 更新日:

築100年以上経過した古民家から取り出した古材。根元付近の直径が30cm以上あります。

古材

取り出したときの素材はススで真っ黒、どうしようもありません。これを綺麗に磨き上げます。

古材磨き

表面のススを落とします。そして、少しずつですが磨き上げます。とても手間のかかる作業です。

古材磨き

この写真の古材は何の色も付けていませんが、このように黒光りする素晴らしい古材が誕生するのです。

古材には、「ちょうな」と呼ばれる大工道具の痕跡があったりもして、昔の職人に思いを馳せたりもします。

4

製材所でひいたモノとは違う自然のテクスチャーとして、1本あるだけでも心が和みますよね。

あなたのお家にも、1本いかがですか?何本もの古材を買い取り、ご用意しています。興味のある方は、ご連絡下さい。

-かわら版

現地案内、リフォーム、売買についてご相談にのります。お電話(090-7544-3599 担当:矢田)または、お問合せフォームより、お気軽にご連絡下さい。

Copyright© 古民家プロ.com , 2009-2018 All Rights Reserved.