【鳥取県指定名勝】深田氏庭園(鎌倉時代の名園)

投稿日:2012/12/18 更新日:

米子市にある「深田氏庭園は鎌倉時代の末期に造られたと言われる。 書院造りに池泉観賞の様式、鎌倉時代の庭園は全国で13カ所しか残っていない。

深田氏庭園

【鶴島】
鶴の首部石材が特に傑出し、最高の素料と評される。
さつきの下の羽部には凝灰岩を使用、ひなを抱いている仕草が愛情に満ちている。
鶴島

【蓬莱式遠山】
右奥に立っている岩が三尊式に作られている。京都の三名勝史蹟庭園 南禅院と同じ頃の作。
蓬莱式遠山

【鶴亀島】
亀頭石が直立に用いられ写実的で力強い感じである。
鎌倉時代の作として鶴亀島が原型を残しているのは京都の西芳寺とこの庭園しかない。と言われる貴重な庭園である。
鶴亀島

【家紋】
東屋中央に掛けられている。
家紋

-文化財探訪

現地案内、リフォーム、売買についてご相談にのります。お電話(090-7544-3599 担当:矢田)または、お問合せフォームより、お気軽にご連絡下さい。

Copyright© 古民家プロ.com , 2009-2018 All Rights Reserved.