粟嶋神社【米子市指定文化財】

投稿日:2012/12/18 更新日:

祀られている少彦名命(すくなひこなのみこと)が大国主命(だいこくさま)と共にこの地を開いたとされている。
粟嶋神社 粟嶋神社

187段の石段を登ると、360度の眺望が・・・。
粟嶋神社

頂上からは水鳥公園も一望できる。対岸は島根県安来市十神山あたり。
粟嶋神社から見た景色

【静の岩屋】
静の岩屋 静の岩屋

【八百比丘尼(やおびくに)伝説】
漁師の娘が、親が持ち帰った人魚の肉を食べたことで、18歳の娘のまま不老不死となって、この世をはかなみ尼となり、この穴で息絶えたという伝説が残る。推定800歳、村人は哀れんで「八百姫」さんと呼び丁寧に祀る。長寿の御利益があると広く信仰を集めている。

【お岩さん】
「海から来られた神様が真っ先に抱きつかれた岩」と信仰を崇める神の依り代。
粟嶋神社 お岩さん

頂上には風雨にさらされた地面に露出した根が歴史を物語る。
粟嶋神社

-文化財探訪

現地案内、リフォーム、売買についてご相談にのります。お電話(090-7544-3599 担当:矢田)または、お問合せフォームより、お気軽にご連絡下さい。

Copyright© 古民家プロ.com , 2009-2018 All Rights Reserved.