後藤家【米子市内町:重要文化財】

投稿日:2012/12/18 更新日:

後藤家

米子港(写真右側)から、この加茂川(外堀)を50間(約100m)ほどにある廻船問屋「後藤家」に運ばれる物資は、城下町米子の町民を潤わせたことであろう。
後藤家

後藤家は天文年間(1500年中頃)より大船を所有し廻船問屋を営んでいた。
後藤家

土間に入ると、幾重にも重なった太い梁に支えられた和小屋が目を引く。
昭和の改修で屋根下地が新しくとても残念である。せめて着色してあれば・・・。
後藤家

左=一番蔵、中央=二番蔵、右=みそ蔵、漆喰壁が新しくとても気持ちいい。
後藤家 蔵

虫食いや腐れを補修した痕、木造ならではの耐久力を持続させる方法である。
後藤家 補修痕 後藤家 補修痕

【南土塀】
石の控えが外側に中へはいることが出来なかったが、待合いとよばれる庭園へと続く。
後藤家 南土塀

【修復中の土蔵】
ワラ縄を伸ばし分厚い土壁を作り上げていく。
後藤家

【耐震補強】
このたび施されたボルトによる補強。
後藤家

-文化財探訪

現地案内、リフォーム、売買についてご相談にのります。お電話(090-7544-3599 担当:矢田)または、お問合せフォームより、お気軽にご連絡下さい。

Copyright© 古民家プロ.com , 2009-2018 All Rights Reserved.