旧・日野橋【米子市:国・登録有形文化財】

投稿日:2012/12/18 更新日:

鳥取県の三大河川のうち、米子市を流れる日野川にかかる橋。後方の山は、中国地方最高峰の大山(だいせん)です。

旧・日野橋

中国山脈より流れを発し大山の雪解け水を集め皆生温泉の脇が河口となる。鳥取市を流れる千代川に次ぐ県内2番目に大きな川です。

出雲の国から鳥取藩へは、日野川、倉吉の天神川、そして千代川を越えなければならず、鳥取藩は陸の孤島とまで言われていました。

日野川に初めて本格的な木造の橋が架けられたのは1888年(明治21年)。完成を祝って角盤高等小学校(現在の高島屋付近)の生徒たちも渡り初めをした写真。

橋が出来るまでは、↓のような感じ?広重画五十三次「府中」より。

 

木造の橋は1923年(大正12年)の洪水によって流され、360余mの川幅に2年の歳月を掛けて1929年(昭和4年)に鉄骨橋が完成した。

手前の親柱は車尾(くずも)堤防改修記念時のもの(江戸か明治か?)

旧・日野橋

6連の三角形組み合わせの骨組みを曲弦材で繋ぎ、垂直の間柱を入れる「曲弦トラス」と呼ばれる工法です。左奥の煙は王子製紙米子工場。

旧・日野橋

6連のつなぎ目には半円アーチをくりぬいた曲線型の橋門梁(きょうもんばり)を渡して意匠と強度を保っています。道路のトラス橋としては鳥取県内で最大かつ最古の橋です。

旧・日野橋

夕日がとても綺麗なスポットです。多額の費用で補強・補修され、現在は歩行者と2輪車の専用橋として利用されています。東側土手より。

旧・日野橋

昭和30年代には、「東側のたもとで女性客を乗せたタクシーが、ルームミラーを覗くと確かにさっき乗せたはずの女性の姿は無く、振り返って見るとシートはぐっしょりと濡れていた。」との幽霊騒ぎも賑わせました。⇒日野橋に出た幽霊

アクセスマップ

-文化財探訪

現地案内、リフォーム、売買についてご相談にのります。お電話(090-7544-3599 担当:矢田)または、お問合せフォームより、お気軽にご連絡下さい。

Copyright© 古民家プロ.com , 2009-2018 All Rights Reserved.