5.浴室の湿気が2階の床を浸食

投稿日:2009/12/26 更新日:

築70年の古民家再生現場です。
古民家の場合屋根裏の部屋(ロフトと言った方が正解か?)に上がるときは、はしご階段で上ります。普段は邪魔ですから天井に引っかけておきます。ハシゴで上がるほどの急な傾斜で、階段が作られていたのです。

玄関サッシとの取り合いや、内壁のスキマなどを考慮すると階段をやりかえなければどうしてもうまく収まらない・・・。階段を付け替えるために、2階床の木材を切断したところ・・・「バウムクーヘン?」で出来ていました!!
築70年古民家再生現場

ズームした写真
築70年古民家再生現場

隣接する浴室の湿気が2階の床を支える木材に吸い込まれ、シロアリがみごとな「バウムクーヘン」を作り上げていたのです。現場の2階は、来春大学生になる息子さんが上がり降りしていました。本当に、ここまで持ちこたえられていたのが不思議がくらいです。

早速補強に取りかかります。そして、ホウ酸系のシロアリ駆除剤を噴霧します。外部に面していないので、風雨や水にさらされないので半永久的に効果は持続します。

あまりにも、次から次へと恐ろしいばかりの・・・劇的な刺激にも、随分と慣れて??
少々のことでは驚かなくなりましたが・・・玄関天井のバウムクーヘンには少々刺激が強すぎました!!

-築70年 古民家リフォーム

現地案内、リフォーム、売買についてご相談にのります。お電話(090-7544-3599 担当:矢田)または、お問合せフォームより、お気軽にご連絡下さい。

Copyright© 古民家プロ.com , 2009-2018 All Rights Reserved.