「 投稿者アーカイブ:古民家プロ.com 」 一覧

築200年 古民家リフォーム

6.200年前の大工さんの落書き?

とお~い昔、明治のはじめに「廃藩置県」が発布され、私どもの鳥取県も誕生しました。(明治4年の出来事です)私たちが住む米子市は、伯耆の国で会見 ...

築200年 古民家リフォーム

7.200年の古民家を支えてきた大黒柱の下には・・・

築200年の古民家、絶賛再生中です。 200年の歴史ある建物を、油圧ジャッキ数十台で持ち上げます。ギシギシ・ミシミシと音を立てて建物が泣いて ...

築200年 古民家リフォーム

8.古民家再生は伝統構法で!

伝統的な古民家のリフォームには、やはり伝統的な工法を用いなければなりません。 築200年の古民家再生現場では、土台を施工中です。「栗の木」の ...

築200年 古民家リフォーム

9.古民家に使う金物

新築や金融公庫などの検査がある場合には、既製品を使わないといけないことが多々ありますが、古民家には既製品ではない金物が使われています。釘や金 ...

築200年 古民家リフォーム

10.柱の塗装にも伝統技術・技法を使います。

古民家再生には、さまざまな技術や技法が使われます。そのまま、古い材料ばかり使えたらいいのですが、腐れていたり、害虫に侵されていたりしていると ...

築200年 古民家リフォーム

11.強度を維持させる伝統工法「金輪継ぎ」

古民家の良さは、使ってある素材(木材等)の素晴らしさと伝統技術のコラボレーションです。 例え、柱が1本、2本と腐れていてもすぐには倒れること ...

築200年 古民家リフォーム

12.古材の再利用

↓の写真は、10年前に買い取らせて頂いた「古材」です。 日の目を見ることがあるだろうか?と心配をしていましたが、築200年が経過する古民家再 ...

築200年 古民家リフォーム

13.玄関の踏み段の欅の板を再利用

古民家再生では、「もったいない」と思われる素材がたくさん出ます。 ここ築200年古民家では、足らないところは新品を使いましたが、縁側板に欅の ...

築200年 古民家リフォーム

14.古民家に最新技術の天窓をつける!

農家住宅は、玄関から土間続きで台所スペースになっているのが多いです。そして、その部分の天井には、大きな『梁(はり)』が幾重にも重なっています ...

築200年 古民家リフォーム

15.キッチンはスウェーデン製、食器洗い機はドイツ製

自然素材をご希望のお客様です。壁には、ニオイや湿気を調節してくれる「珪藻土」を。床(フローリング)には、耐久力と防虫効果のある「青森ヒバ」を ...

Copyright© 古民家プロ.com , 2009-2019 All Rights Reserved.